AttySmith Strike RDA レビュー

本ブログの一番最初にご紹介したSentinelに引き続きAttySmithより発売されたStrikeのご紹介です。EnthenのStubby Capの在庫が無いかいつもお世話になっているVape Village大名店に遊びに行った際、このStrikeを紹介されてしまい残り一個ということもあり(商売上手ですね…笑)勢いで購入してしまった逸品です。

Exif_JPEG_PICTURE

AttySmith (Hellfire) Strike:

  • 直径22mm/高さ20mm
  • Stainless Steel 304
  • デュアルサイドエアフロー
  • BFピン(デフォルト)/510ピン
  • 510アダプター
  • スペア (Oリング、デッキスクリューx2)

分解するとこんな感じになっています。左からデッキ、ボディ、エアフローコントール、Drip Tipです。

Exif_JPEG_PICTURE

Sentinelの時もそうでしたが、AttySmithの製品は恐ろしく精巧に作られていると思います。特に今回のエアフローコントロールの作りは斬新で精密すぎます。。。下の写真はエアフローが全閉の状態です。

Exif_JPEG_PICTURE

そして次が全開の状態です。丸いエアホールが見えると思いますが、エアフローコントロールを左右に回して右の写真にあるスレッドに沿ってシャッターの様なものが上下する構造になっています。

エアフローリングだけを見てみると下の左側の写真が全開時、右側が全閉時のものです。

本当によく出来てるな〜と関心してしまいました。

早速コイルを設置してウィッキングしていきます。コイルはNi80 24GAを使用し直径30mmのスペースドコイルで0.45Ωです。

Exif_JPEG_PICTURE

コットンはデッキのウェールがほぼ無いので短めにカットしました。

Exif_JPEG_PICTURE

トップキャップ部はエアホールがコイルに当たる所で「カチッ」とはまりズレない様になっています。これもSentinelには無かったものです。

Exif_JPEG_PICTURE

味はSentinelと同様にしっかり感じられます。これでクラプトンコイルなんか設置したら味が濃くなりすぎるんじゃ無いか、と勝手に思ってますがそのうち試してみたいと思います。

ドローに関しては、エアフローの幅が狭まりよりスムーズになりました。エアフローの量で比較すると、Strikeの全開時がSentinelの1/4程になり緻密な調整が出来るため、重いドローが好きな筆者は嬉しい限りです。筆者の個人的な感想としてはRDL〜MTLあたりのRDAだと感じました(下がStrike全開時と同じになる様に絞ったSentinelのエアフローです)。

Exif_JPEG_PICTURE

Strikeまで購入してしまったので、これはもうAttySmithのMech Squonker、Venom Xを購入するしか無い!と思いネットを探し回り、Facebookも確認し、サイトにも直接問合せをしましたが、残念ながらVenom Xの生産は終了してしまっており「中古で探すしか無いよ」、との事でした。。。もう少しVapeを始めて知識・情報があれば購入出来たのに、と本当に悔しい思いをしています。が、現在AttySmith (Hellfire)は新しいMod、Cobraを製作に取り掛かっている様ですのでCobraに期待したいと思います。

AttySmith (Hellfire) – http://www.hellfiremods.co.uk

Strike RDA – http://www.hellfiremods.co.uk/strike/

最初にお話した通りこちらはVape Villageにて購入しました。足を運ぶたびに何か買ってしまうので本当に気をつけたいところです。。。笑

Vape Village – https://vape-village.com

Strike RDA – https://vape-village.com/?pid=128470673

 

それではまた次回。