Vaperz Cloud 11:11 レビュー

Mini Buddha V2 RDAに引き続き、一緒に購入したVaperz Cloudの11:11のご紹介です。Vapeamp The Descendant By Rig Modもとても気に入っていますが、20700バッテリーのMech Tubeが欲しく、ネットで探し回った結果こちらのTube Modにしました。

Exif_JPEG_PICTURE

Vaperz Cloud 11:11:

  • 直径28mm(最大部)/24mm(最小部)
  • シングル20700/18650バッテリー
  • ユニバーサルVC (Vaperz Cloud)スレッド
  • コンプSスイッチ
    • ハイブリッド510コネクション
    • シルバープレートCopperコンタクト
    • ブラスソケットボタン

制御チップが搭載されていない為、必ずオームの法則・使用するバッテリーセルの仕様を十分に理解し自己責任にて使用してください!!!

パーツを分解するとこんな感じです。ちなみにハイブリット510コネクションの時計のマークの部分は11:11を指しています。

Exif_JPEG_PICTURE

Fire Buttonの組み立ては簡単で、スプリング右の格子状にカットが入ったパーツにブラスボタンを乗せ、そのにスプリングをはめてTube下部のスレッドにブラスボタンを押し込みながら回していけばOKです。

また上の写真右下の白いソケットは18650用のもので、中央のビューティーリングを外してTube内にこのソケットを入れて使用します。下の写真の右が18650バッテリー、左が20700バッテリー搭載時です。

またTube内の下部にあるプラスコンタクトにはインスレーターとベントホール、コンタクトにはシルバープレートCopperが使われています(こちらは分解することが出来ませんでした)。

Exif_JPEG_PICTURE

Fure Buttonを取り付ける側から見るとこんな感じになっています。中央のシルバープレートコンタクトにFire Buttonと接触して電流が流れます。

Exif_JPEG_PICTURE

ちなみにFire Buttonのデザインはこんな感じです。個人的にはThe Descendantの硬貨の様なデザインの方が好みです。。。

Exif_JPEG_PICTURE

20700バッテリーを入れ、同じVaperz CloudのMini Buddha V2 RDAを乗せるとこんな感じになります(アトマイザーの510ピンがしっかりと出ているものを使用してください!!!)。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

専用の器具などは持っていないため、他の海外レビュアーの言葉を参考にするとある程度ボルテージドロップはある様です。が、Vaperz Cloudの過去のMech Tubeよりは改善されているとのことです。筆者としてはVape Gearは見た目が一番なので、そこら辺の細かい事は気にしません。11:11のゴツく洗練されたフォルムとMini Buddha V2 RDAがマッチしているので、それだけでもう満足です。

Vaperz Cloud – https://vaperzcloud.com

11:11 – https://vaperzcloud.com/collections/18650-mechanical-mods/products/11-11-mod

こちらもMini Buddha V2 RDAと同じくEV CIGARETTESにて購入しました。カラーバリエーションはCopper、Brass、Stainless Steel、Black Cerakoted Copper(黒くセラコートされたCopper)の4色です。ゴツめな見た目で20700バッテリー用のMech Tubeをお探しの方は是非ご検討ください。

EV CIGARETTES – http://www.evcigarettes.com/

11:11 – http://www.evcigarettes.com/11-11-mech-mod-by-vaperz-cloud/

 

それではまた次回。

Vapeamp The Descendant By Rig Mod レビュー

今回は筆者が購入した初めてのMech TubeであるThe Descendant By Rig Modです。こちらは以前紹介したSquonk Box By Rig Modと同じメーカーのVapeampのMech Tubeで、同様のタワーデザインが入ったものです(関係ない話ですが、Vaping American Made Product・Rig Modどちらがメーカーの名前なのかはイマイチ分かりづらいですね…)。

Exif_JPEG_PICTURE

Vapeamp The Descendant By Rig Mod:

  • ハイブリッド510コネクション
  • ハイグレードコッパー
  • 直径25mm
  • シングル18650バッテリー駆動 (別途必要)
  • デュアルスプリング搭載Fireボタン
  • 100%アメリカンメイド

パッケージはSquonk Boxの時と違い、コッパープレートにThe Descendantと刻印されたイカついケースに入って送られてきます。シリアル番号が書かれたシールが付いた紙に本体が包まれた状態です。ケースのプレート及び本体は銅製で酸化するため、定期的にお手入れが必要です。制御チップが搭載されていない為、必ずオームの法則・使用するバッテリーセルの仕様を十分に理解し自己責任にて使用してください!!!

Exif_JPEG_PICTURE

The DescendantはFireボタン・胴体・ハイブリッド 510コネクションの3つのパーツから出来ています。

Exif_JPEG_PICTURE

上の写真の右下にあるFireボタンは、筆者がよくチェックしているVaping BikerGrim Greenによると、これまでのMech Tubeにはない斬新で機能的なFireボタンのようです。そのFireボタンを分解すると以下のようなパーツに分かれています。

Exif_JPEG_PICTURE

一番右のFireボタンの刻印は記念硬貨のようで、筆者はお気に入りです。組立ての方法はVaping Bikerの動画を参照してもらうと分かりやすいと思いますが、一番左のボタン→スプリング(短)→写真中央の銅パーツ→スプリング(長)→赤のアルミ製パーツ→最後に一番右のコンタクトパーツの順に組立てます。初めての分解時は少し硬いですが、組立ての際はそこまでキツく締める必要はありません。上記の順番で全てのパーツを挟み込み、ボタンとコンタクトパーツを指でねじって締めればOKです。

胴体にまずハイブリッドコネクションを付け、18650バッテリーを”-“を上にして入れて最後に組立てたFireボタンを装着します。

Exif_JPEG_PICTURE

ベントホール(バッテリーの熱を逃がす穴)がちょうどバッテリーの+極に位置に来るようになっています。

あとはアトマイザーを510コネクター側に乗せれば準備完了なのですが、ハイブリッド510コネクターのMech Tubeにはアトマイザーの510ピンしっかりと突き出ているものを使用してください!!!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

昨日ご紹介したHellvape Dead Rabbitと一緒に写真を撮ったので、Challenger Cap Priestを装着したDead Rabbitが乗っています。Dead Rabbitに搭載したコイルが0.39Ωだったのですが、The Descendantで使用する際は、個人的な好みとしてもう少し抵抗値を落とした方がいいかなと思います。Sony VTC5Aで使用した場合、体感だとRegulated Modの35wattくらいのパワーだと思います。

Vapeamp – https://www.vapeamp.com

The Descendant – https://www.vapeamp.com/collections/the-descendant/products/the-descendant-by-rig-mod-copper

The DescendantはEV CIGARETTESにて購入しました。以前にもこちらのサイトはご紹介しましたが、取り扱っているMech Modがカッコイイものが多く、個人的に眺めているだけでも本当に楽しいサイトです。現時点ではコッパーは売切れのようですが、ブラスはまだ在庫があるようですが、だんだんと在庫がどこも無くなってきていますので気になる方は早めにご検討ください!

EV CIGARETTES – http://www.evcigarettes.com

The Descendant – http://www.evcigarettes.com/the-descendant-mech-mod-by-vaping-american-made-products-vamp/

 

それではまた次回。