AttySmith (Hellfire) Venom X レビュー

ようやくブログを書く時間が出来ました!中古ですが、AttySmith (Hellfire) Venom Xを手に入れましたのでご紹介します!!!

Exif_JPEG_PICTURE

AttySmith (Hellfire) Venom X (Stripped):

  • 高さ79mm/横幅49mm/奥行25mm〜28mm
  • アトマイザー部分の溝22mm
  • Delrin、Stainless Steelボディー
  • 20700/21700バッテリー

中古での購入のためFire ButtonがDelrinボタンになっていますが、元々はUltemボタンです(Facebookで売ってくれた人がUltemボタンは無くしてしまったそうです)。

分解するとこんな感じになっています。

Exif_JPEG_PICTURE

本当は下の写真の部分の分解できるようですが、どうやって分解するのかが判らないのでここまでバラしてクリーニングしています。

Exif_JPEG_PICTURE

上の写真の奥にバッテリーを入れるチューブを取り付け、Delrinボディに装着します。その際にボタンは事前にDelrinボディに乗せておきます(これだけボタンが小さいので無くしてしまうのも分かりますね)。ボトルは下の写真のように組立ててDelrinキャリアに収納します。その後、下部のStainless Steelパーツ(馬の蹄鉄のような形のパーツ)を二本の長いネジで締めます。最後にバッテリーを+を上にして装填し、キャップ?スクリュー?パーツを回し入れて完成です。

Delrinのボトルキャリアはマガジンのように本体にセットするんですが、PGなど塗っておくと「カチッ」という音がしてスムーズに取り付けられます。この部分がしっかり装着されていないとボトルを押しても上までリキッドが上がって来ず、初めて分解した時は一番手こずりました。。。

同じAttySmith (Hellfire)のStrikeを乗せるとこんな感じになります。試してはいませんが、510コネクタ部分の溝が22mmのため、22mmより直径の小さいアトマイザーしか乗らないと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

このStrikeを使ってVenom Xと所有しているVapeAMP Squonk Boxとでボルテージドロップを比べると、Venom Xの方がドロップ率が大きいです(コンタクトがStainless Steelと銅なので)が、他のAttySmith (Hellfire)製品と同じく、非常に精巧に作られています。StrikeとVenom Xの見た目の相性はとても良いと思います。

売ってくれた人がUltemボタンを無くしてしまいましたが、直接AttySmith (Hellfire)に連絡するとUltemボタンを売ってくれます。また、ボトルキャリアにはStainless Steel製のものもあり、筆者は早速どちらも購入しました。

AttySmith (Hellfire Mods) – http://www.hellfiremods.co.uk

残念ながらこのVenom Xは既に売切れとなっており、新品を購入する事は出来ません。手に入れたい方は、AttySmith (Hellfire Mods)の公式の販売・トレード・購入ページがFacebookにあるので、そのグループに入って売ってくれる人を探すのが一番確実だと思います。

The Official Attysmith (Hellfire Mods) Sales/trades/WTT/WTB – https://www.facebook.com/groups/726838860748444/

このVenom Xは今後手放す事はないと思います。売ってくれた方に本当に感謝です。

 

それではまた次回。

 

 

AttySmith Strike RDA レビュー

本ブログの一番最初にご紹介したSentinelに引き続きAttySmithより発売されたStrikeのご紹介です。EnthenのStubby Capの在庫が無いかいつもお世話になっているVape Village大名店に遊びに行った際、このStrikeを紹介されてしまい残り一個ということもあり(商売上手ですね…笑)勢いで購入してしまった逸品です。

Exif_JPEG_PICTURE

AttySmith (Hellfire) Strike:

  • 直径22mm/高さ20mm
  • Stainless Steel 304
  • デュアルサイドエアフロー
  • BFピン(デフォルト)/510ピン
  • 510アダプター
  • スペア (Oリング、デッキスクリューx2)

分解するとこんな感じになっています。左からデッキ、ボディ、エアフローコントール、Drip Tipです。

Exif_JPEG_PICTURE

Sentinelの時もそうでしたが、AttySmithの製品は恐ろしく精巧に作られていると思います。特に今回のエアフローコントロールの作りは斬新で精密すぎます。。。下の写真はエアフローが全閉の状態です。

Exif_JPEG_PICTURE

そして次が全開の状態です。丸いエアホールが見えると思いますが、エアフローコントロールを左右に回して右の写真にあるスレッドに沿ってシャッターの様なものが上下する構造になっています。

エアフローリングだけを見てみると下の左側の写真が全開時、右側が全閉時のものです。

本当によく出来てるな〜と関心してしまいました。

早速コイルを設置してウィッキングしていきます。コイルはNi80 24GAを使用し直径30mmのスペースドコイルで0.45Ωです。

Exif_JPEG_PICTURE

コットンはデッキのウェールがほぼ無いので短めにカットしました。

Exif_JPEG_PICTURE

トップキャップ部はエアホールがコイルに当たる所で「カチッ」とはまりズレない様になっています。これもSentinelには無かったものです。

Exif_JPEG_PICTURE

味はSentinelと同様にしっかり感じられます。これでクラプトンコイルなんか設置したら味が濃くなりすぎるんじゃ無いか、と勝手に思ってますがそのうち試してみたいと思います。

ドローに関しては、エアフローの幅が狭まりよりスムーズになりました。エアフローの量で比較すると、Strikeの全開時がSentinelの1/4程になり緻密な調整が出来るため、重いドローが好きな筆者は嬉しい限りです。筆者の個人的な感想としてはRDL〜MTLあたりのRDAだと感じました(下がStrike全開時と同じになる様に絞ったSentinelのエアフローです)。

Exif_JPEG_PICTURE

Strikeまで購入してしまったので、これはもうAttySmithのMech Squonker、Venom Xを購入するしか無い!と思いネットを探し回り、Facebookも確認し、サイトにも直接問合せをしましたが、残念ながらVenom Xの生産は終了してしまっており「中古で探すしか無いよ」、との事でした。。。もう少しVapeを始めて知識・情報があれば購入出来たのに、と本当に悔しい思いをしています。が、現在AttySmith (Hellfire)は新しいMod、Cobraを製作に取り掛かっている様ですのでCobraに期待したいと思います。

AttySmith (Hellfire) – http://www.hellfiremods.co.uk

Strike RDA – http://www.hellfiremods.co.uk/strike/

最初にお話した通りこちらはVape Villageにて購入しました。足を運ぶたびに何か買ってしまうので本当に気をつけたいところです。。。笑

Vape Village – https://vape-village.com

Strike RDA – https://vape-village.com/?pid=128470673

 

それではまた次回。

AttySmith Sentinel RDA レビュー

皆さんこんにちは。初レビューは、Irish ModderでVapeコミュニティーではHellfireとして知られている(そうです)、AttySmithのSentinel RDAです。

Exif_JPEG_PICTURE

AttySmith – Sentinel RDA:

  • シングルコイル、デュアルエアフローRDA (デフォルトでBFピン搭載)
  • ステンレススティール製
  • 直径22mm
  • スペア (Oリング: 各 x1/デッキ用ネジ x1/スタンダード510ピン/510コネクタ)

AFCリングの滑らかさ、トップキャップをデッキに装着する際の「カチッ」とハマる感じなど、とても精巧に作られています。また30mmまでのコイルジグならデッキの窪みの部分にセットしコイル搭載も簡単です。ただ一点、六角レンチが付属していない事が個人的に残念です(デッキ用ネジには1/16サイズ、BFピンには3/32サイズの六角レンチが必要になります)。

Exif_JPEG_PICTURE

早速コイルを搭載していきます。シングル18650バッテリーのMech Squonkerにて使用するため、Ni80の24GAワイヤーを使用し0.5Ω以上を目指して巻いていきます。直径30mmのスペースドコイルで0.62Ωとなりました。

Exif_JPEG_PICTURE

コイルを設置してウィッキングを行い、リキッドをコットンに染み込ませて準備完了です。コットンはKendo Vape Cotton Gold Edition、リキッドはBAZOOKA! SOUR STRAWSを使用します。Kendo Vape Cotton Gold Editionはかなり濃い?詰まった?コットンのため、リキッドを吸いやすいよう少しすいてからウェールに落とし込みました。

Exif_JPEG_PICTURE

最後に、Half Moon Mods SQNKRに搭載し準備完了です。Half Moon ModsはUSマサチューセッツ州にて主にDrip Tipを製作している、個人的に凄く気に入っているメーカーです。以前注文したDrip Tipと合わせて今後このSQNKRも紹介したいと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

SQNKRのデザインとマッチするDrip TipはKennedy/Goonタイプのものしか持っていないため、デフォルトのワイドボアDrip Tipを装着しています。フレーバーチェイサーRDAだけあって、エアフロー全開でも他の爆煙系RTAより断然にリキッドが美味しく感じられます。また、エアフローを絞るとドローがかなりキツくなりMTLでも運用出来ます。付属の510コネクタと、一緒に購入したDarumaのDrip Tipを装着すると完全なMTLアトマイザーへと変身します。

Exif_JPEG_PICTURE

以上タイトなドローが好みの自分としては大満足のお買い物となりました。同じAttySmithのVenom Xも魅力的ですが、金銭的な余裕が出来た時にまだ販売していれば検討しようと思っています。。。

AttySmith (Hellfire) – http://www.hellfiremods.co.uk

Sentinel RDA – http://www.hellfiremods.co.uk/sentinel/

ちなみに今回のSentinel RDAとDaruma Drip TipはVape Villageにて購入しました。残念ながら現在は売切れとなっている様ですが、まだ販売している海外ショップはありますので、気になる方は是非ご検討を!

Vape Village – https://vape-village.com

Sentinel RDA – https://vape-village.com/?pid=124452222

 

それではまた次回。