Psyclone Mods Hadeon Kit レビュー

Psyclone Mods Hadeon Kitは、Hussar RDA 1.0と一緒に購入したんですが、順番がなかなか回ってこずやっとのご紹介です。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらはEntheonにHadeonトップキャップが付属されただけのものになりますので、Entheon自体の詳細に関しては以前のレビュー”Psyclone Mods Entheon“をご覧ください。

トップキャップは高さが少し抑えられ、エアホールが4つになり同じPsyclone ModsのHadalyに似た形状をしています。Drip Tipが小さくなったので(が、Drip Tipの内径はそこまで変わりません)、トップキャップ裏はほんの少しだけ変わっています。

以前Entheonで使用したクラプトンコイルを設置したまま保管していたので、そのままウィッキングしていきます。

Exif_JPEG_PICTURE

トップキャップを装着する前に、先にデッキのエアホールのところに付属してくる四角のゴムを↓のようにはめます。

Hadeonキャップを取り付けてVenom Xに乗っけるとこんな感じになります。

Exif_JPEG_PICTURE

見た目はアトマイザーの高さが低くなり、こちらの方が個人的には好みです。吸ってみた感想ですが、Hadeonキャップを装着してエアフローを全開にした感じは通常のEntheonのトップキャップより若干ですが重くなると思います。またEntheonキャップのようなふわっとした柔らかいドローというよりも、Hadeonキャップは直接コイルにエアーが当たっているという感じです。全開時のエアーの入り方はEntheonキャップの方が筆者は好みですが、少しエアフローを絞るとHadeonキャップの方が好きです。

Entheonでは完全にエアフローを閉じることが出来ませんでしたが、Hadeonキャップも同じく完全には閉まりません。が、Entheonよりはかなり絞れます(アトマイザーが相当熱くなりますが…)。筆者は気分で付け替えて愛用しようと思っています。

オプションでBlack DelrinとClear PCTGのトップキャップも販売されいます。筆者はどちらも購入しました。

Exif_JPEG_PICTURE

Psyclone Mods – http://psyclonemods.com

Hadeon Kit – http://psyclonemods.com/psyclone-entheon-hadeon-kit-22mm-rda/

最初にお話した通り、Psyclone Mods Hadeon KitはHussar RDA 1.0と一緒にPhileas Cloudにて購入しました。Hadeonキャップが付属して通常のEntheonと同じ金額だったため、これから購入を考えている方にはこちらをオススメします。

Phileas Cloud – https://www.phileas-cloud.com

Hadeon Kit – https://www.phileas-cloud.com/hadeon-kit-by-psyclone-mods.html

 

それではまた次回。

 

Luca Creations Speed Up レビュー

Luca Creationsから発売されたSpeed Upはしばらく前に登場したRDAですが、見た目が気に入り購入したため今回ご紹介します。

Exif_JPEG_PICTURE

Luca Creations Speed Up:

  • 直径18mm
  • Stainless Steel 316
  • BFピン
  • シングルコイルデッキ
  • 1.5mmエアホール (調整可)
  • Delrin Drip Tip
  • 18-22mmビューティーリング
  • スペア (Oリング、インスレーター、六角レンチ)

Speed UpはBF専用で通常の510ピンは付属していません。また、パッケージは簡素は小さいジップロック的な袋に入っているので割愛します。

分解するとこんな感じになっています。

Exif_JPEG_PICTURE

付属の六角レンチはデッキポスト用のもので、BFピンにはもう少し大きなサイズのものが必要になります。筆者はピッタリのものを持っておらず、少しネジがなめてしまいました。。。

Exif_JPEG_PICTURE

コイルを設置する際に、+とーのポールが接触するとショートしてしまうので気をつけてください。まずは、Stainless Steel 316 26GAのワイヤーで直径3.0mm(1.28Ω)に巻いてみました。

Exif_JPEG_PICTURE

ご想像の通り、コイルとコットンでデッキ内がぎゅうぎゅうでドローが恐ろしく重くなってしまい、コイルの巻き数とデッキのウェールにギリギリコットンが着くくらいに調節し直したのが下の写真です。(1.17Ω)

Exif_JPEG_PICTURE

正直、上二つのセッティングではリキッドの味が濃すぎで、筆者の好みをはるかに上回るドローの重さになってしまい満足できるものではありませんでした。再度コイルを同じStainless Steel 316の28GAに変更して直径2.5mm(1.16Ω)で巻き直し、コットンはデッキに着くくらいにやり直しました。

Exif_JPEG_PICTURE

デッキ内の密度を減らしたおかげで、ようやくリキッドがちょうどいい美味しさになり、ドローも好みの重さになりました。

Exif_JPEG_PICTURE

ビューティーリングを装着したのがコチラです。これまで直径22mm/24mmのアトマイザーばかり使って来ましたが、美味しいリキッド・重いドローを求めている方はこういったアトマイザーも候補に入れてみてはいかがでしょうか?デッキ内が狭いため22mm/24mmのアトマイザーよりは熱くなりやすいですが、味は一級品だと思います。また、現在は後発のSpeed Revolutionもあり、こちらも試してみたい逸品です。

Luca Creations – http://lucacreations.it/#

現在本家サイトではSpeed Upのページは存在しないようです。筆者は、なんとなくVape Villageのサイトを見ていて購入してしまいました。。。

Vape Village – https://vape-village.com

Speed Up – https://vape-village.com/?pid=99177292

 

私事ですが、無事に就職が決まりましたので更新のペースが遅くなると思いますが、これからも地道に続けていこうと思いますので宜しくお願いします。

それではまた次回。

Hussar Vapes Hussar RDA 1.0 レビュー

今回はHussar Vapesからの初RDA、Hussar RDA 1.0のご紹介です。

Exif_JPEG_PICTURE

Hussar Vapes Hussar RDA 1.0:

  • 直径22mm/高さ
  • Stainless Steel製
  • デュアルエアフロー
  • BFピン
  • スペア(Oリング、デッキスクリューx2)

パッケージ内にはいつもの様に木製の入れ物に入ってきます。何気にHussar Vapesのアトマイザーのプレゼンテーションはオシャレでいいですね。またTop Capのデザインもとてもカッコ良いと思います。

シングルコイル専用のデッキです。下のアトマイザーの写真の上の方に小さな六角ネジがあるのは分かりますでしょうか?

Exif_JPEG_PICTURE

トップキャップに溝があり、ここに小さな六角ネジが引っかかってエアフローの範囲で止まる様になってるみたいです(下記参照)。

Exif_JPEG_PICTURE

が。。。一度この六角ネジを落としてしまい、取り敢えず無くさないように止めておこうと奥まで手で回し入れておいた所、ネジ穴が小さすぎて手持ちの六角レンチではどうにもならなくなってしまいましたので暫くそのままにしておく事にます。。。

デッキ下部に四角形の穴がありますが、ここからリキッドが両サイドのジュースウェルへ供給されます。またコイル設置の際、コイルジグを置きやすい様に半円にカットされています。

Exif_JPEG_PICTURE

デッキ裏にはロゴがあり、デッキ側面にはシリアル番号が書かれています。Hussar RDA 1.0はRDAとは書かれているものの通常の510ピンが同封されておらず、ボトムフィーダーとしか使用することが出来ません。

Exif_JPEG_PICTURE

それではコイル設置・ウィッキングを行なっていきます。Ni80 27GAのスペースドコイルで1.39Ωと少し高めになりましたが、そのまま進めます。ウィッキングまで終わった写真がこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

最初は上の写真の通りコイルをギリギリまで下げて設置していましたが、この状態だとドローの際ノイズがうるさく高めにコイルを設置し直しました。

Exif_JPEG_PICTURE

最後にDarumaのDrip Tipを取り付けて完了です。最近VapeAMPのSquonk Boxばかりですが、次回はあの探し求めていたSquonkerをご紹介する予定です。

リキッドのフレーバーの濃さはこれまで紹介してきたRDA同様に文句なしです。が、ドローに関してはエアフロー全開でも全閉でも軽めな印象です(形状の違うDrip Tipも他に2つ試しましたがどれも軽く、次回はクラプトンコイルを設置して試そうと思います)。全開〜全閉でRDL〜MTLまで対応しており、個人的には全開時が煙的には一番良いかなという感じですが、筆者の様にAttySmith StrikeVaponaute Le Supersonicの重めでスムーズなドローが好みの方には向いていないかもしれません(それにしてもほんとLe Concordeは見つかりませんね…)。気に入ったのはトップキャップのデザインとノイズの無いドローくらいかな〜という所です。

[2018.03.09追記]

クラプトンコイルを設置してみました。するとデッキ内の密度が上がったからか、ドローがかなり重くなり、抵抗値の低いクラプトンコイル(0.22Ω)のおかげで濃い煙になり本当に満足できるRDAに変身しました。

Exif_JPEG_PICTURE

0.2Ωだとバッテリーの減りが激しいので、次は0.5Ωくらいのクラプトンコイルで行こうかな〜と思っています。また、二種類のコイルを設置してみて判ったのは、どれだけ連続で吸ってもこの変わった形状のおかげか、ほとんどトップキャップが熱くならない!という事です。

Hassur Vapes – https://www.facebook.com/HussarVapes/

Hussar RDA 1.0はPhileas Cloudというサイトにて購入しました。レビュー時点でもまだ在庫があり、今後ご紹介する予定のHadeon Kitと一緒に購入しました(Entheonを所有しいない方は是非!所有している筆者も勢いで購入しました)。

Phileas Cloud – https://www.phileas-cloud.com

Hussar RDA 1.0 – https://www.phileas-cloud.com/hussar-rda-1-0-by-hussar-vapes.html

 

それではまた次回。

Van & Del Soul S RDA レビュー

今回はクロアチアのメーカーVan & DelのSoul S RDAの紹介です。Soul S RDAは見た目が好みで入手してから暫く経ちますが、衝動買いしたRDAが多すぎて順番がなかなか回ってきませんでした。。。

Exif_JPEG_PICTURE

Van & Del Soul S RDA:

  • 直径22mm/高さ19mm
  • 302 & 316 Stainless Steel
  • デュアルサイドエアフロー
  • 6クランプデッキデザイン
  • BFピン(デフォルト)/ 510ピン
  • スペア(Oリング、デッキスクリューx6、六角レンチx2、ホワイトDelrinトップキャップ)

とてもシンプルで洗練されたトップキャップですが、デッキは初めてみるデザインです。パッケージの中にはこれだけのパーツが含まれています。どうやら中には黒のDelrinトップキャップが同封されているものもある様ですが、詳細は分かりません。

Exif_JPEG_PICTURE

デッキはこんな感じの構造になっています。ジュースウェルは6mm程で、サイドから直接コイルにエアーが当たる様になっています。

Exif_JPEG_PICTURE

また、トップキャップの裏側は510 Drip Tipがはみ出さない様に少し突き出しています。

Exif_JPEG_PICTURE

早速コイルを設置し、ウィッキングしていきます。、今回はKA/Ni80のFramed Staple Fused Clapton [26*2GA+(0.5/0.1mm+36GA)]+32GAを使用します(コイルが余っているので…)。直径3mmで5.5巻で2.1Ωとなりました。エアフローがコイルの下に当たる様に設置しています。それにしてもコイルの種類が物凄く多いので、名前を覚えるのは難しいですね。

Exif_JPEG_PICTURE

あとはウィッキングして準備完了です。コットンはデッキのピークインスレーターに当たらない位の長さでカットしてます。

Exif_JPEG_PICTURE

それにしてもこのコイルは異常にゴツいですね。どうやって作っているのかさっぱり分かりません。

あとはトップキャップを取り付けて試飲?試煙?してみます。白のDrip Tipは好みでは無いので、黒と交換しました。

Exif_JPEG_PICTURE

抵抗値を低くしたため、この極太Clapton Coilでも立ち上がりは早く、このコイルのおかげか味もしっかり出ます。ドローは軽めな方で、筆者好みの煙の量とドローは両立出来ませんでしたが、エアフローを全開にしてDLで煙の量と味を楽しんでいます。エアフロー全開時の空気量はSentinelの全開時と同じか気持ち少ないくらいかな、といった印象です。

Soul S RDAはデュアルコイルも設置でき、デュアルコイルでの運用をお勧めしている方もいらっしゃるので、暫くしたらマイクロコイルかClaptonコイルでデュアルコイルを設置してみようと思います。これまでご紹介したRDAもそうですが、別のタイプのコイルで試した際にはどんどん追記していきたいと思います。

Soul S RDAはVan & Delのサイトより直接購入しました。他サイトでは通常の価格で販売しているのですが、本家サイトは新しくJass RDAを発売したせいかかなり安く販売していますので気になる方は是非チェックしてみてください。

Van & Del – http://www.vaporwall.com/index.php?route=common/home

Soul S RDA – http://www.vaporwall.com/index.php?route=product/product&product_id=50

 

それではまた次回。

AllianceTech The Flave 22 Titanium Edition レビュー

AllianceTechから発売されたThe Flave 24に引き続き、The Flave 22はStainless Steel、Gold、Titaniumが発売されました。Stainless Steelは残りわずか、Goldはまだ在庫があるサイトがいくつかありますが、Titanium Editionは1,000個限定で生産されたため、もうどこを探しても見つからない状態です。が、見つけてしまいました…そして購入してしまいました…

Exif_JPEG_PICTURE

The Flave 22 Titanium Edition:

  • 直径22mm
  • チタン製
  • シングルコイルデッキ
  • チタン/Delrin Drip Tip
  • ゴールドプレート510ピン/BFピン
  • スペア(Oリング、デッキスクリューx2)

The Flave 24は特に気になっていなかったんですが、22mmになってデッキが小さくなった事でドローが24に比べタイトになったと聞いて少し気になっていた逸品です。The Flave 24と同様のシンプルなパッケージに入っています。

Exif_JPEG_PICTURE

デッキの構造は最近よく見かける斜めからエアーがコイルにあたる構造になっています。が、デッキスクリューは異様に大きなものが使用されています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

トップキャップも普通の形状をしていますが、デッキ・トップキャップ共にとても綺麗に仕上げられていると思います。

Exif_JPEG_PICTURE

 

早速ビルドしていきます。コイルはGeek Vape “N80 Fused Clapton Wire”、コットンはKendo Vape Cotton Gold Editionを使用します。直径3.0mmで0.34Ωになりました。コイル設置・ウィッキング共にシンプルで簡単です。

Exif_JPEG_PICTURE

 

代わり映えもなくまたHalf Moon ModsのSQNKRに乗せることにしました。本当はSignature Tips SQに乗せたかったんですが、注文して発送のメールが届いてから一ヶ月以上経っても追跡番号が更新されずメールしても電話して全く応答がない状態なので仕方ありません。。。ちなみにリキッドはMt. Baker VaporのGreen Appleの使用しました。

Exif_JPEG_PICTURE

NarDa、O-attyなどのシングルコイルRDAを所有していないため、筆者にとっては初めての定番のサイドエアフロータイプの22mm RDAになります。またThe Flave 24も所有していないため両者の比較はできません。

が、とてもシンプルな構造でエアフローも調整の幅が広く、全開でも軽すぎずリキッドの味はしっかりと出て、ギリギリまで絞れば付属のDrip TipでもMTLで運用することが出来ます。また、ベイパーの質も柔らかめで、筆者はエアフローを1/3ほどにして濃厚かつシルキーなベイパーを楽しんでいます。510 Drip Tipは使用できません(Ultemの510アダプターはオプションで購入出来るようです)が、このRDAには必要ないかなと思います。

個人的には今度のRDAを比較する際のベースとなる様なRDAに出会えたと思います。

ALLIANCETECH – http://www.alliancetechvapor.fr/en/

The Flave 22 Titanium Edition – http://www.alliancetechvapor.fr/en/accueil/112-the-flave-22-titanium-the-ultimate-flavor-rda.html

The Flave 22 Titanium Editionは度々お邪魔しているVape Village大名店にて購入しました。筆者が購入したものが最後の一点だったかどうかはわかりません。。。海外のメーカーのウェブサイトを見ていると日本ではVape Villageのみに卸しているというところが結構あるので、珍しいものを探しに遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

Vape Village – https://vape-village.com

The Flave 22 Titanium Edition – https://vape-village.com/?pid=123050539

 

それではまた次回。

Adler Industries Mikro BF レビュー

Adler Industiesというメーカーは正直初めて聞く名前で、知っている方は知っているんでしょうが、新参者の筆者にはフィリピンのメーカーであるということだけしかわかりません。。。

Exif_JPEG_PICTURE

Adler Industries Mikro BF:

  • 直径22mm/高さ14mm
  • チタン製トップキャップ/デッキ/デッキスクリュー、クリアアクリル製ワイドボアDrip Tip (内径8mm)
  • クリアアクリル製トップキャップ/トラップキャップ/マイクロボアDrip Tip
  • ブルーアクリル製トップキャップ/トラップキャップ/マイクロボアDrip Tip
  • アンバーPEI製トップキャップ/トラップキャップ/マイクロボアDrip Tip
  • ゴールドプレートBFピン
  • ゴールドプレート510ピン
  • スペア(チタンデッキスクリューx4、Oリング、ピークインスレーター)

…と恐ろしいくらいの付属品が付いてきます。オプションでチタン製サンドブラッシュキャップとブラックPEIトップキャップがありますが、ブルーアクリル一式よりもブラックPEIキャップを入れて貰いたかったな〜と。

またパッケージも物凄く豪華になってます。

Exif_JPEG_PICTURE

宝石でも入っていそうな箱の中に、

Exif_JPEG_PICTURE

こんな感じで一式同封されています。あ、ちなみに白のメッシュ巾着の一つはオプションのチタン製サンドブラッシュキャップですのでこちらには含まれません。もう一つの巾着にはスペアパーツが入っています。

アトマイザーの構造は初めて見る構造で、キャップ部は内側にあるトラップキャップというものを510 Drip Tipでキャップを挟んで固定し、Drip Tipを回してエアフローを調整するようです。

Exif_JPEG_PICTURE

分解して見るとこんな感じになっています。

Exif_JPEG_PICTURE

早速組立てていくのですが、筆者にとっては初めてのデッキタイプとエアフローでしたのでウィッキングをどうすればいいのか苦戦しました。コットンをS・Z字にしてみたり、折り曲げてみたりした結果、結局シンプルなものに落ち着きました。

Promist VaporのNi80(27G)を使用して、0.6Ωくらいと思いながら0.96Ωと巻き過ぎてしまいました。が、面倒なのでこのままウィッキングすることにしました。

Exif_JPEG_PICTURE

写真はちょっと中心からずれてしまってますが、この後中央に来るよう調整しました。ウィッキングは本当に色々とやりましたが、大人しく”WICK”と書いてある場所にコットンをただ敷く事にしました。

Exif_JPEG_PICTURE

この後キャップをはめてエアフローを調整して吸ってみようかな〜と思いましたが、トップキャップと内側のトラップキャップが固定されているわけでは無く、だた510 Drip Tipに付いているだけなので、慎重に”AIRFLOW”と書かれた箇所にエアフローが来るよう設置して回しても回し過ぎると簡単にずれてしまいます。。。

エアフロー調節のコツがわかってきても、好みの重さに絞ろうとするとエアフローがうるさくなり、更にジュルジュルとデッキ内のリキッドが騒ぎ出すため、エアフローを2/3閉じたところで最終的に妥協しました。

内側のトラップキャップを取っ払いマイクロボアDrip Tipを付けても運用出来るのですが、エアフローが常に全開の状態で個人的には軽過ぎです。マイクロボアDrip Tipを装着するとこんな感じです。

Exif_JPEG_PICTURE

で、結局以前購入したDarumaのDrip Tipに交換し、エアフローを2/3程度絞って良しとする事にしました。

Exif_JPEG_PICTURE

この状態でなんとか自分の好みの重さに近づける事が出来ました。他のRDAと比較すると、AttySmith Sentinelのエアフロー1/6程度、Vaponaute Le Supersonicのエアフロー4/9程度です(現在、Psyclone Mods Entheonは洗浄してお休み中なので比較しませんでした…)。

[2018.02.28 追記・修正]

再度コイル・コットンワークを見直してみました。コイルはPromist Vapor Ni80 27GAで0.54Ω、ウィッキングは下の写真の様にS字に設置しました。するとドロー時のノイズも解決し、Ultemキャップに変更するとDrip Tipとトラップキャップのズレも無くなりました。

Exif_JPEG_PICTURE

ん〜最初の奮闘は一体なんだったんでしょう。。。煙・味はまろやかな印象です。結局、自身のコイル・ウィッキングなどを見直す事でかなりいい感じで着地したと思います。デッキの構造上マイクロコイルしか設置できませんが、コットンの量を調整すればDrip Tipの交換しなくてもドローも煙の量も十分満足出来るものになりました。

デッキ上のコイル・ワイヤーが占める面積がノイズなどに影響するのかな、なんて思ってます。まだまだ色々と試してみないといけないなと感じました。

いつものようにメーカーのウェブサイトのリンクを貼りたかったのですが、ウェブサイトもFacebookページも見つけることが出来ませんでした。発見次第、追記したいと思います。

また、こちらのAdler Industries Mikro BFもVape Village大名店にてただただ見た目のカッコ良さに惚れて即購入した逸品です。海外サイトで在庫があるところがないか軽く探してみましたが、販売しているサイトが少なく全て売り切れている状態でした。

Vape Village – https://vape-village.com

Adler Industries Mikro BF – https://vape-village.com/?pid=127057106

 

それではまた次回。

 

Vaponaute Le Supersonic レビュー

Vapeを始めるのが遅すぎてLe Concordeを逃してしまいました…が、なんとかLe Supersonicは入手することができましたのでご紹介します。Franceのメーカーで製作するRDAは全て生産数が限られているので時期を逃すとすぐに売切れになってしまう様です。筆者も直接VaponauteにLe Concordeが残ってないか問合せをしましたが、やっぱり在庫はありませんでした。。。

Exif_JPEG_PICTURE

VAPONAUTE Le Supersonic:

  • 直径24mm
  • Stainless Steel 316 & Peekインスレーター
  • シングルコイル・デュアルコイルRDA
  • BFピン (デフォルト) + 510ピン
  • スペアOリングx3 (内径17mm/18mm/19mm)
  • デッキ用予備ネジx2

直径1.5mmエアホールが両サイドに3つずつ開いています。またデッキには最初からBFピンが搭載されています。

Exif_JPEG_PICTURE

キャップの中はこんな感じです。とても綺麗に作られていると思います。

Exif_JPEG_PICTURE

デュアルコイルも搭載できるのですが、とりあえずはシングルコイルを設置していきます。乗せるSquonkerが無かった為、510ピンに付け変えました。Demon KillerのSS 316プリメイドコイル(28GA*3+38GA – 直径30mm)を一旦バラして直径35mmに巻き直して設置し、ホットスポットを取り除いて0.32Ωとなりました。最後にKendo Vape Cotton Gold Editionでウィッキングを行い、リキッドはnaked 100 “Hawaiian POG”を使用します。

Exif_JPEG_PICTURE

Lost Vape Therion 166のサンドブラッシュ調のシルバーフレームとLe Supersonicがいい感じにマッチングしたので、この組合せに決定しました。

Exif_JPEG_PICTURE

これまで紹介してきたAttySmith SentinelとPsyclone Mods Entheonと比較すると、エアフロー全開でも両者よりタイトでスムーズなドローだと思います。解りやすく比較できるチャートなどを作れたら修正しますが、今のところは↓の表現でお許しください。。。

0001

AttySmith Sentinelを基準とするとエアフローの幅はこんな感じになるかなと思います。Le SupersonicはRDL〜MTLよりのRDAで、重たいドローが好みの筆者としてはこれまたお気に入りの一品になりました。ミストの質としては、Sentinel→Entheon→Le Supersonicの順に柔らかくなる、と個人的には感じます。

VAPONAUTE – https://vaponaute.com/en/

Le Supersonic – https://vaponaute.com/en/hardware/115-le-supersonic.html

Le Supersonicはインターネット上を探し回って、マレーシアのLe Gadgetsというサイトにてようやく見つけることが出来ました。しかもレビュー時点ではまだこちらには在庫があります!重めのドローが好きで24mmアトマイザーでも問題なく、興味のある方は是非!!!

Le Gadgets – http://legadgets.com

Le Supersonic – http://legadgets.com/tanks-supplies/drippers/vaponaute-le-supersonic?search_query=LE+SUPERSONIC&results=1

 

以上、なおさらLe Concordeが欲しくなる結果となったRDAでした。。。それではまた次回。

 

[2018.02.27 追記]

VaponauteからLe Supersonic用のBeluga Capが発売されたので早速購入しました。

Exif_JPEG_PICTURE

種類はClearとUltemの2種類です。どちらもポリッシュしようかどうか悩んでいるところです。。。

Beluga Cap – https://vaponaute.com/en/hardware/116-supersonic-bell-cap.html