Vaperz Cloud Mini Buddha V2 RDA レビュー

Vaperz CloudからリリースされたMini Buddha V2 RDAのご紹介です。Buddhaシリーズは直径がBuddha V4 RDA/30mmやObese Buddha RDA/35mmのデカめのRDAが多いですが、こちらは24mmと通常のMech Tubeにもマッチするサイズです。

Exif_JPEG_PICTURE

Vaperz Cloud Mini Buddha V2 RDA:

  • 直径24mm/28mm
  • ゴールドプレートデッキ、ポスト、スレッド
  • 3ポストデッキスタイル
  • 7mmジュースウェル
  • コッパーポジティブピン
  • デュアルエアフロー(36穴/サイクロップススリーブ)
  • エアフローコントロール(Copper/Delrin *Drip Tip一体型)
  • 810 Ultem Drip Tip
  • スペア(Oリング、デッキスクリュー、スクリュードライバー)

パッケージに同封されているのは以下の通りです。

Exif_JPEG_PICTURE

スリーブ・エアフローコントロールは2種類ずつ同封されていますが、細かい穴からのエアフローが好みな筆者は36ホールスリーブを使用し、エアフローコントロールはCopperバージョンを使用します。ちなみにDelrinのDrip Tip一体型の方がDrip Tipの幅が少し広く作られています。

エアフローコントロールの裏側はドーム状にはなっておらず、平坦な形状をしています。

Exif_JPEG_PICTURE

余談ですが、Mini Buddha V2が到着した際、各パーツの酸化が激しく綺麗にするのに手こずりました。手入れ時はエアホールを調整する出っ張り部分がかなりシャープなので、怪我をしない様に気をつけてください。また初めてスリーブからエアフローコントロールを外す際、あまりにも硬く力一杯押し出したんですが、その時810 Drip Tip用のOリングがどこかへ行ってしまい、早々にスペアを使う羽目になってしまいました。。。

デッキスクリューは熱処理が施された大きめの+ネジが使われており、両サイドのポストはマイナスで中央のポストがプラスとなっています。ジュースウェルも十分な深さがあり、あまり慎重にならずにドリッピングが出来そうです。

Exif_JPEG_PICTURE

早速ビルドしていきます。コイルはCoil Master “Kanthal 28GA*2+32GA”のClaptonコイルで0.32Ω、コットンは変わらずKendo Vape Cotton Gold Editionを使用します。コットンはジュールウェルが深いため長めにカットししっかりと敷き詰めました。リキッドはGwar Fluids “Bloodbath”を使用します。

Exif_JPEG_PICTURE

あとはリキッドでプライミングし、トップキャップを装着して完了です。Drip TipはDead Rabbit RDAのものを拝借してます。

Exif_JPEG_PICTURE

同じVaperz CloudのMech Tube “11:11″とマッチさせるためこのMini Buddha V2 RDAを購入しましたが、同じ爆煙系のVandy Vape Bonza RDAと同様に1mmのエアホールが無数に空いており、ドローがスムーズでエアホールを絞れば濃厚な煙と重めのドローを楽しめとても気に入っています。また、デッキからDrip Tipまで少し高さがあるためか、スピットバックも少ない様に感じます。が、0.32Ωだと立ち上がりがやっぱり少し遅いです。このCoil Masterのコイルを使い切ったらもう少し低めの抵抗値で試してみたいと思います。

また、これはただの個人的な意見ですが、銅の質感がDead Rabbit 24mm用のChallenger Capよりも好みです。ただ一点、今のところエアフローコントロールがOリングにVGを塗っても硬いため調整がしづらいですが、暫く様子を見ようと思っています。

Vaperz Cloud – https://vaperzcloud.com

Mini Buddha V2 – https://vaperzcloud.com/collections/rdas/products/mini-buddha-2

Mini Buddha V2 RDAは以前もご紹介したEV CIGARETTESにて購入しました。カラーはCopper以外にも豊富な種類がありますので、ぜひ覗いてみてください(このサイトからの購入にはPassportなど身分証明書のコピーの提出が必要となりますのでご注意を)。

EV CIGARETTES – http://www.evcigarettes.com

Mini Buddha V2 – http://www.evcigarettes.com/mini-buddha-v2-rda-by-vaperz-cloud/

それではまた次回。

 

Van & Del Soul S RDA レビュー

今回はクロアチアのメーカーVan & DelのSoul S RDAの紹介です。Soul S RDAは見た目が好みで入手してから暫く経ちますが、衝動買いしたRDAが多すぎて順番がなかなか回ってきませんでした。。。

Exif_JPEG_PICTURE

Van & Del Soul S RDA:

  • 直径22mm/高さ19mm
  • 302 & 316 Stainless Steel
  • デュアルサイドエアフロー
  • 6クランプデッキデザイン
  • BFピン(デフォルト)/ 510ピン
  • スペア(Oリング、デッキスクリューx6、六角レンチx2、ホワイトDelrinトップキャップ)

とてもシンプルで洗練されたトップキャップですが、デッキは初めてみるデザインです。パッケージの中にはこれだけのパーツが含まれています。どうやら中には黒のDelrinトップキャップが同封されているものもある様ですが、詳細は分かりません。

Exif_JPEG_PICTURE

デッキはこんな感じの構造になっています。ジュースウェルは6mm程で、サイドから直接コイルにエアーが当たる様になっています。

Exif_JPEG_PICTURE

また、トップキャップの裏側は510 Drip Tipがはみ出さない様に少し突き出しています。

Exif_JPEG_PICTURE

早速コイルを設置し、ウィッキングしていきます。、今回はKA/Ni80のFramed Staple Fused Clapton [26*2GA+(0.5/0.1mm+36GA)]+32GAを使用します(コイルが余っているので…)。直径3mmで5.5巻で2.1Ωとなりました。エアフローがコイルの下に当たる様に設置しています。それにしてもコイルの種類が物凄く多いので、名前を覚えるのは難しいですね。

Exif_JPEG_PICTURE

あとはウィッキングして準備完了です。コットンはデッキのピークインスレーターに当たらない位の長さでカットしてます。

Exif_JPEG_PICTURE

それにしてもこのコイルは異常にゴツいですね。どうやって作っているのかさっぱり分かりません。

あとはトップキャップを取り付けて試飲?試煙?してみます。白のDrip Tipは好みでは無いので、黒と交換しました。

Exif_JPEG_PICTURE

抵抗値を低くしたため、この極太Clapton Coilでも立ち上がりは早く、このコイルのおかげか味もしっかり出ます。ドローは軽めな方で、筆者好みの煙の量とドローは両立出来ませんでしたが、エアフローを全開にしてDLで煙の量と味を楽しんでいます。エアフロー全開時の空気量はSentinelの全開時と同じか気持ち少ないくらいかな、といった印象です。

Soul S RDAはデュアルコイルも設置でき、デュアルコイルでの運用をお勧めしている方もいらっしゃるので、暫くしたらマイクロコイルかClaptonコイルでデュアルコイルを設置してみようと思います。これまでご紹介したRDAもそうですが、別のタイプのコイルで試した際にはどんどん追記していきたいと思います。

Soul S RDAはVan & Delのサイトより直接購入しました。他サイトでは通常の価格で販売しているのですが、本家サイトは新しくJass RDAを発売したせいかかなり安く販売していますので気になる方は是非チェックしてみてください。

Van & Del – http://www.vaporwall.com/index.php?route=common/home

Soul S RDA – http://www.vaporwall.com/index.php?route=product/product&product_id=50

 

それではまた次回。

AttySmith Strike RDA レビュー

本ブログの一番最初にご紹介したSentinelに引き続きAttySmithより発売されたStrikeのご紹介です。EnthenのStubby Capの在庫が無いかいつもお世話になっているVape Village大名店に遊びに行った際、このStrikeを紹介されてしまい残り一個ということもあり(商売上手ですね…笑)勢いで購入してしまった逸品です。

Exif_JPEG_PICTURE

AttySmith (Hellfire) Strike:

  • 直径22mm/高さ20mm
  • Stainless Steel 304
  • デュアルサイドエアフロー
  • BFピン(デフォルト)/510ピン
  • 510アダプター
  • スペア (Oリング、デッキスクリューx2)

分解するとこんな感じになっています。左からデッキ、ボディ、エアフローコントール、Drip Tipです。

Exif_JPEG_PICTURE

Sentinelの時もそうでしたが、AttySmithの製品は恐ろしく精巧に作られていると思います。特に今回のエアフローコントロールの作りは斬新で精密すぎます。。。下の写真はエアフローが全閉の状態です。

Exif_JPEG_PICTURE

そして次が全開の状態です。丸いエアホールが見えると思いますが、エアフローコントロールを左右に回して右の写真にあるスレッドに沿ってシャッターの様なものが上下する構造になっています。

エアフローリングだけを見てみると下の左側の写真が全開時、右側が全閉時のものです。

本当によく出来てるな〜と関心してしまいました。

早速コイルを設置してウィッキングしていきます。コイルはNi80 24GAを使用し直径30mmのスペースドコイルで0.45Ωです。

Exif_JPEG_PICTURE

コットンはデッキのウェールがほぼ無いので短めにカットしました。

Exif_JPEG_PICTURE

トップキャップ部はエアホールがコイルに当たる所で「カチッ」とはまりズレない様になっています。これもSentinelには無かったものです。

Exif_JPEG_PICTURE

味はSentinelと同様にしっかり感じられます。これでクラプトンコイルなんか設置したら味が濃くなりすぎるんじゃ無いか、と勝手に思ってますがそのうち試してみたいと思います。

ドローに関しては、エアフローの幅が狭まりよりスムーズになりました。エアフローの量で比較すると、Strikeの全開時がSentinelの1/4程になり緻密な調整が出来るため、重いドローが好きな筆者は嬉しい限りです。筆者の個人的な感想としてはRDL〜MTLあたりのRDAだと感じました(下がStrike全開時と同じになる様に絞ったSentinelのエアフローです)。

Exif_JPEG_PICTURE

Strikeまで購入してしまったので、これはもうAttySmithのMech Squonker、Venom Xを購入するしか無い!と思いネットを探し回り、Facebookも確認し、サイトにも直接問合せをしましたが、残念ながらVenom Xの生産は終了してしまっており「中古で探すしか無いよ」、との事でした。。。もう少しVapeを始めて知識・情報があれば購入出来たのに、と本当に悔しい思いをしています。が、現在AttySmith (Hellfire)は新しいMod、Cobraを製作に取り掛かっている様ですのでCobraに期待したいと思います。

AttySmith (Hellfire) – http://www.hellfiremods.co.uk

Strike RDA – http://www.hellfiremods.co.uk/strike/

最初にお話した通りこちらはVape Villageにて購入しました。足を運ぶたびに何か買ってしまうので本当に気をつけたいところです。。。笑

Vape Village – https://vape-village.com

Strike RDA – https://vape-village.com/?pid=128470673

 

それではまた次回。

AllianceTech The Flave 22 Titanium Edition レビュー

AllianceTechから発売されたThe Flave 24に引き続き、The Flave 22はStainless Steel、Gold、Titaniumが発売されました。Stainless Steelは残りわずか、Goldはまだ在庫があるサイトがいくつかありますが、Titanium Editionは1,000個限定で生産されたため、もうどこを探しても見つからない状態です。が、見つけてしまいました…そして購入してしまいました…

Exif_JPEG_PICTURE

The Flave 22 Titanium Edition:

  • 直径22mm
  • チタン製
  • シングルコイルデッキ
  • チタン/Delrin Drip Tip
  • ゴールドプレート510ピン/BFピン
  • スペア(Oリング、デッキスクリューx2)

The Flave 24は特に気になっていなかったんですが、22mmになってデッキが小さくなった事でドローが24に比べタイトになったと聞いて少し気になっていた逸品です。The Flave 24と同様のシンプルなパッケージに入っています。

Exif_JPEG_PICTURE

デッキの構造は最近よく見かける斜めからエアーがコイルにあたる構造になっています。が、デッキスクリューは異様に大きなものが使用されています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

トップキャップも普通の形状をしていますが、デッキ・トップキャップ共にとても綺麗に仕上げられていると思います。

Exif_JPEG_PICTURE

 

早速ビルドしていきます。コイルはGeek Vape “N80 Fused Clapton Wire”、コットンはKendo Vape Cotton Gold Editionを使用します。直径3.0mmで0.34Ωになりました。コイル設置・ウィッキング共にシンプルで簡単です。

Exif_JPEG_PICTURE

 

代わり映えもなくまたHalf Moon ModsのSQNKRに乗せることにしました。本当はSignature Tips SQに乗せたかったんですが、注文して発送のメールが届いてから一ヶ月以上経っても追跡番号が更新されずメールしても電話して全く応答がない状態なので仕方ありません。。。ちなみにリキッドはMt. Baker VaporのGreen Appleの使用しました。

Exif_JPEG_PICTURE

NarDa、O-attyなどのシングルコイルRDAを所有していないため、筆者にとっては初めての定番のサイドエアフロータイプの22mm RDAになります。またThe Flave 24も所有していないため両者の比較はできません。

が、とてもシンプルな構造でエアフローも調整の幅が広く、全開でも軽すぎずリキッドの味はしっかりと出て、ギリギリまで絞れば付属のDrip TipでもMTLで運用することが出来ます。また、ベイパーの質も柔らかめで、筆者はエアフローを1/3ほどにして濃厚かつシルキーなベイパーを楽しんでいます。510 Drip Tipは使用できません(Ultemの510アダプターはオプションで購入出来るようです)が、このRDAには必要ないかなと思います。

個人的には今度のRDAを比較する際のベースとなる様なRDAに出会えたと思います。

ALLIANCETECH – http://www.alliancetechvapor.fr/en/

The Flave 22 Titanium Edition – http://www.alliancetechvapor.fr/en/accueil/112-the-flave-22-titanium-the-ultimate-flavor-rda.html

The Flave 22 Titanium Editionは度々お邪魔しているVape Village大名店にて購入しました。筆者が購入したものが最後の一点だったかどうかはわかりません。。。海外のメーカーのウェブサイトを見ていると日本ではVape Villageのみに卸しているというところが結構あるので、珍しいものを探しに遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

Vape Village – https://vape-village.com

The Flave 22 Titanium Edition – https://vape-village.com/?pid=123050539

 

それではまた次回。

Hussar Vapes Hussar Torpedo Micro RTA レビュー

ポーランドのHussar Vapesから、Hussar RTAのMicroバージョン(シングルコイル・デュアルがありますが、シングルコイルタイプ)のご紹介です。もうHussar RTA自体はどこにもない状態ですが、MicroバージョンはHussar RTAの別売りオプションのMicroタンクとTorpedoキャップが最初から採用されているものです。販売サイトによっては”Single Coil Micro Edition”など違った表記で売られていたりするので、少しややこしいですね。

Exif_JPEG_PICTURE

Hussar Torpedo Micro RTA:

  • 直径22mm/高さ42.6mm
  • サイドフィリング
  • タンク容量3.5ml
  • リキッドコントロール
  • デュアルエアフロー
  • Stainless Steel (アトマイザー部)、Ultemタンク

もともとのHussar RTAは中々評判が良い様ですが、新参者の筆者としてはデザインはこちらの方が好みです。とりあえずは分解していきます。

Exif_JPEG_PICTURE

大まかに6つのパーツに分かれており、AFC(エアフローコントロール)、デッキ、チムニー、Ultemタンク、フィリングパーツ、トップキャップとなっています。皆さん一発目の使用時には一度洗浄するかと思いますが、筆者のバッチはデッキスクリューを外したネジ穴の所が特に汚れていたのでご注意ください。

デッキ部ですが、エアホールは2mmほどでKayfun Primeのデッキの様にコイルの足をスクリューに巻きつけて止めることが出来ます。また、デッキに設置出来るコイルは2.5mmが限界かな、と思います。ちなみにリキッドは下の写真の上下にある窪みから供給されます。

Exif_JPEG_PICTURE

では早速コイルを設置して、ウィッキングしていきます。コイルはVandy Vape “Superfine MTL Fused Clapton Wire”をこれ位巻いて(幅取りすぎましたがとりあえずこのままいきました)1.03Ωになりました。

Exif_JPEG_PICTURE

その後ウィッキングをして一度ボディ・トップキャップを付けて試してみましたが、もう3、4度目にも関わらず、ウィッキングを失敗した模様です。。。

Exif_JPEG_PICTURE

確か以前はこんな風にコットンを梳いてフワフワにて両サイドに敷いたんじゃないかな〜と思ってましたが、この状態だとジュルジュルとリキッド供給過多になり、またコイルが見ての通り崩れたせいか温度管理モードで暴走したので、一旦全てやり直しました。。。

気を取り直してStainless Steel 316 26GAワイヤーを使用し、コイルはデッキの幅位に抑えてコットンをフワフワにせずそのままリキッドが供給される穴へ差込みました。

Exif_JPEG_PICTURE

抵抗値は大幅に下がり0.67Ωとなりましたが、リキッドの供給過多も止まり温度管理モードの暴走も止まりました。

あとは、ボティ部を取り付けてリキッドを注入しトップキャップをはめて終わりなんですが、サイドフィリングの穴「①」がそれほど大きくなく、通常のリキッドのボトルに付いているスポイトでは漏れてしまいます。Hussar Torpedo Micro RTAを使用する際は、一度注入口が小さいボトルに入れ替えてから注入する様にしています。

ジュースコントロール「②」に関してはシンプルでとても使いやすく、Ultemボディ部を反時計回りに回すだけ閉じることが出来ます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

最後にTorpedoキャップと適当な510 Drip Tipを付けて完成です。キャップがちゃんと閉まってないですね。。。OリングはちゃんとVGなどで滑らかにしておきましょう。笑

Exif_JPEG_PICTURE

 

使用した感想としては、リキッドの味もしっかりしていて、ドロー時の独特な感じと音はすごく好きです。内径4mmの510 Drip Tipを使用し、AFCは現時点でほぼ閉じて運用しています。作りは全然違いますが、筆者が所有しているRTAの中ではThe Hurricane V2と使用した感じが近いかなと思います。

Hussar Vapes – https://www.facebook.com/HussarVapes/

Hussar Torpedo Micro RTAはドイツのサイト、in Tasteにて購入しました。幅広い価格帯のデバイスを扱っていて、メジャーなハイエンドアトマイザー等も置いてありますが、マニアックなメーカーは扱っていない様です。ドイツ語はさっぱりわかりませんが、英語ページもあるので助かります。

in Taste – https://www.intaste.de/en/

Hussar Torpedo Micro RTA – https://www.intaste.de/en/hussar-vapes-hussar-rta-single-coil-micro-edition.html

 

それではまた次回。

Vapeamp The Descendant By Rig Mod レビュー

今回は筆者が購入した初めてのMech TubeであるThe Descendant By Rig Modです。こちらは以前紹介したSquonk Box By Rig Modと同じメーカーのVapeampのMech Tubeで、同様のタワーデザインが入ったものです(関係ない話ですが、Vaping American Made Product・Rig Modどちらがメーカーの名前なのかはイマイチ分かりづらいですね…)。

Exif_JPEG_PICTURE

Vapeamp The Descendant By Rig Mod:

  • ハイブリッド510コネクション
  • ハイグレードコッパー
  • 直径25mm
  • シングル18650バッテリー駆動 (別途必要)
  • デュアルスプリング搭載Fireボタン
  • 100%アメリカンメイド

パッケージはSquonk Boxの時と違い、コッパープレートにThe Descendantと刻印されたイカついケースに入って送られてきます。シリアル番号が書かれたシールが付いた紙に本体が包まれた状態です。ケースのプレート及び本体は銅製で酸化するため、定期的にお手入れが必要です。制御チップが搭載されていない為、必ずオームの法則・使用するバッテリーセルの仕様を十分に理解し自己責任にて使用してください!!!

Exif_JPEG_PICTURE

The DescendantはFireボタン・胴体・ハイブリッド 510コネクションの3つのパーツから出来ています。

Exif_JPEG_PICTURE

上の写真の右下にあるFireボタンは、筆者がよくチェックしているVaping BikerGrim Greenによると、これまでのMech Tubeにはない斬新で機能的なFireボタンのようです。そのFireボタンを分解すると以下のようなパーツに分かれています。

Exif_JPEG_PICTURE

一番右のFireボタンの刻印は記念硬貨のようで、筆者はお気に入りです。組立ての方法はVaping Bikerの動画を参照してもらうと分かりやすいと思いますが、一番左のボタン→スプリング(短)→写真中央の銅パーツ→スプリング(長)→赤のアルミ製パーツ→最後に一番右のコンタクトパーツの順に組立てます。初めての分解時は少し硬いですが、組立ての際はそこまでキツく締める必要はありません。上記の順番で全てのパーツを挟み込み、ボタンとコンタクトパーツを指でねじって締めればOKです。

胴体にまずハイブリッドコネクションを付け、18650バッテリーを”-“を上にして入れて最後に組立てたFireボタンを装着します。

Exif_JPEG_PICTURE

ベントホール(バッテリーの熱を逃がす穴)がちょうどバッテリーの+極に位置に来るようになっています。

あとはアトマイザーを510コネクター側に乗せれば準備完了なのですが、ハイブリッド510コネクターのMech Tubeにはアトマイザーの510ピンしっかりと突き出ているものを使用してください!!!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

昨日ご紹介したHellvape Dead Rabbitと一緒に写真を撮ったので、Challenger Cap Priestを装着したDead Rabbitが乗っています。Dead Rabbitに搭載したコイルが0.39Ωだったのですが、The Descendantで使用する際は、個人的な好みとしてもう少し抵抗値を落とした方がいいかなと思います。Sony VTC5Aで使用した場合、体感だとRegulated Modの35wattくらいのパワーだと思います。

Vapeamp – https://www.vapeamp.com

The Descendant – https://www.vapeamp.com/collections/the-descendant/products/the-descendant-by-rig-mod-copper

The DescendantはEV CIGARETTESにて購入しました。以前にもこちらのサイトはご紹介しましたが、取り扱っているMech Modがカッコイイものが多く、個人的に眺めているだけでも本当に楽しいサイトです。現時点ではコッパーは売切れのようですが、ブラスはまだ在庫があるようですが、だんだんと在庫がどこも無くなってきていますので気になる方は早めにご検討ください!

EV CIGARETTES – http://www.evcigarettes.com

The Descendant – http://www.evcigarettes.com/the-descendant-mech-mod-by-vaping-american-made-products-vamp/

 

それではまた次回。

 

 

Hellvape Dead Rabbit RDA レビュー

HellvapeとレビュアーのHeathenがコラボしたデュアルコイルRDA、Dead Rabbitです。HeathenはSub Ohm系のRDAやタンク、またスターターキットなどを主に紹介しているレビュアーで、Dead Rabbitは最初に発売された24mm RDA、Challenger Cap、Dead Rabbit SQ RDAと様々なバリエーションが発売されるほど人気があるRDAです。

今回は24mm RDAとChallenger Capのご紹介です。

Exif_JPEG_PICTURE

①Hellvape Dead Rabbit RDA:

  • 直径24mm
  • Stainless Steel 304製
  • 5mmジュースウェル
  • 10mmワイドボアResin/Delrin Drip Tip
  • 510 Drip Tipアダプター
  • ゴールドプレート510/BFピン

 

パッケージ中身はこんな感じです。Resin Drip Tipのカラーはどうやらランダムのようです。

Exif_JPEG_PICTURE

Dead Rabbitのデッキは特徴的で、名前の通りウサギの耳の形をしています。コイルを金(ポジティブ)・銀(ネガティブ)ポストに設置し、余分な足を下からカットします。とても簡単で初心者にも優しい作りになっていると思います。

Exif_JPEG_PICTURE

設置するコイル(Coil Master – Fused Clapton 28GA*2 + 32GA)は3.9Ω、両サイドの溝へコットン(Kendo Vape Cotton Gold Edition)を落とし込んで完了です。

Exif_JPEG_PICTURE

Dead Rabbitのトップキャップは高めのサイドエアフローですが、エアーが斜め下に入り込んでコイル下に当たるよう設計されています。また、エアフローの位置が高いためリキッドを大量にドリップしても漏れませんが、コイルの位置も高いためスピットバックには注意してください。サイクロプス型のエアホールですが、とてもスムーズなドローでとても気に入っています。

Exif_JPEG_PICTURE

 

②Challenger Cap Priest:

  • 直径24mm
  • T2 Copper製
  •  Copper/Resin Drip Tip

Challenger Capは、Dead Rabbit RDA (24mm)用トップキャップで、Priest(銅)とButcher(ブラス)の2種類があります。Mech Tube用に合うように作られた様です。筆者が購入したのはPriest(銅)で、パッケージはトップキャップとResin Drip TipとOリングが同封されてます。

Exif_JPEG_PICTURE

Challenger Cap Priestのエアホールはは1.5mm程の穴が2×4個空いています(Butcherバージョンはサイクロプス形式のエアホールです)が、通常のDead Rabbitのトップキャップと違いエアホールが調整することが出来ないため常に全開の状態です。。。銅製のMech Tubeにとても良くマッチしてるのに、タイトめなドローが好きな筆者としては非常に残念です。

Exif_JPEG_PICTURE

 

以上Dead Rabbit RDA (24mm)とChallenger Cap Priestのご紹介でした。Dead Rabbitは文句なしにお気に入りでシルバー・ブラックと持っているのですが、Challenger Capは少し残念でした。

Hellvape – http://www.hellvape.com

Dead Rabbit RDA – http://www.hellvape.com/rda/dead-rabbit-rda.html

Challenger Cap Priest – http://www.hellvape.com/rda/priest-challenge-cap.html

Dead Rabbit RDAはHeaven Giftsにて購入しました。Heaven Giftsはライブチャットでのサポートも行っており、商品に関しての問合せや注文の変更など素早く柔軟に対応してくれたため、個人的にはとても好印象なサイトです。

Heaven Gifts – https://www.heavengifts.com

Dead Rabbit RDA – https://www.heavengifts.com/product/Hellvape-Dead-Rabbit-RDA.html

また、Challenger Cap Priestは3FVAPEにて購入しました。

3FVAPE – http://www.3fvape.com

Challenger Cap Priest – http://www.3fvape.com/misc/20900-authentic-hellvape-priest-cap-for-24mm-dead-rabbit-rda-copper-t2-copper.html?search_query=dead+rabbit&results=15#.WpO9WK1L3-Y

 

それではまた次回。