Psyclone Mods Hadeon Kit レビュー

Psyclone Mods Hadeon Kitは、Hussar RDA 1.0と一緒に購入したんですが、順番がなかなか回ってこずやっとのご紹介です。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらはEntheonにHadeonトップキャップが付属されただけのものになりますので、Entheon自体の詳細に関しては以前のレビュー”Psyclone Mods Entheon“をご覧ください。

トップキャップは高さが少し抑えられ、エアホールが4つになり同じPsyclone ModsのHadalyに似た形状をしています。Drip Tipが小さくなったので(が、Drip Tipの内径はそこまで変わりません)、トップキャップ裏はほんの少しだけ変わっています。

以前Entheonで使用したクラプトンコイルを設置したまま保管していたので、そのままウィッキングしていきます。

Exif_JPEG_PICTURE

トップキャップを装着する前に、先にデッキのエアホールのところに付属してくる四角のゴムを↓のようにはめます。

Hadeonキャップを取り付けてVenom Xに乗っけるとこんな感じになります。

Exif_JPEG_PICTURE

見た目はアトマイザーの高さが低くなり、こちらの方が個人的には好みです。吸ってみた感想ですが、Hadeonキャップを装着してエアフローを全開にした感じは通常のEntheonのトップキャップより若干ですが重くなると思います。またEntheonキャップのようなふわっとした柔らかいドローというよりも、Hadeonキャップは直接コイルにエアーが当たっているという感じです。全開時のエアーの入り方はEntheonキャップの方が筆者は好みですが、少しエアフローを絞るとHadeonキャップの方が好きです。

Entheonでは完全にエアフローを閉じることが出来ませんでしたが、Hadeonキャップも同じく完全には閉まりません。が、Entheonよりはかなり絞れます(アトマイザーが相当熱くなりますが…)。筆者は気分で付け替えて愛用しようと思っています。

オプションでBlack DelrinとClear PCTGのトップキャップも販売されいます。筆者はどちらも購入しました。

Exif_JPEG_PICTURE

Psyclone Mods – http://psyclonemods.com

Hadeon Kit – http://psyclonemods.com/psyclone-entheon-hadeon-kit-22mm-rda/

最初にお話した通り、Psyclone Mods Hadeon KitはHussar RDA 1.0と一緒にPhileas Cloudにて購入しました。Hadeonキャップが付属して通常のEntheonと同じ金額だったため、これから購入を考えている方にはこちらをオススメします。

Phileas Cloud – https://www.phileas-cloud.com

Hadeon Kit – https://www.phileas-cloud.com/hadeon-kit-by-psyclone-mods.html

 

それではまた次回。

 

Luca Creations Speed Up レビュー

Luca Creationsから発売されたSpeed Upはしばらく前に登場したRDAですが、見た目が気に入り購入したため今回ご紹介します。

Exif_JPEG_PICTURE

Luca Creations Speed Up:

  • 直径18mm
  • Stainless Steel 316
  • BFピン
  • シングルコイルデッキ
  • 1.5mmエアホール (調整可)
  • Delrin Drip Tip
  • 18-22mmビューティーリング
  • スペア (Oリング、インスレーター、六角レンチ)

Speed UpはBF専用で通常の510ピンは付属していません。また、パッケージは簡素は小さいジップロック的な袋に入っているので割愛します。

分解するとこんな感じになっています。

Exif_JPEG_PICTURE

付属の六角レンチはデッキポスト用のもので、BFピンにはもう少し大きなサイズのものが必要になります。筆者はピッタリのものを持っておらず、少しネジがなめてしまいました。。。

Exif_JPEG_PICTURE

コイルを設置する際に、+とーのポールが接触するとショートしてしまうので気をつけてください。まずは、Stainless Steel 316 26GAのワイヤーで直径3.0mm(1.28Ω)に巻いてみました。

Exif_JPEG_PICTURE

ご想像の通り、コイルとコットンでデッキ内がぎゅうぎゅうでドローが恐ろしく重くなってしまい、コイルの巻き数とデッキのウェールにギリギリコットンが着くくらいに調節し直したのが下の写真です。(1.17Ω)

Exif_JPEG_PICTURE

正直、上二つのセッティングではリキッドの味が濃すぎで、筆者の好みをはるかに上回るドローの重さになってしまい満足できるものではありませんでした。再度コイルを同じStainless Steel 316の28GAに変更して直径2.5mm(1.16Ω)で巻き直し、コットンはデッキに着くくらいにやり直しました。

Exif_JPEG_PICTURE

デッキ内の密度を減らしたおかげで、ようやくリキッドがちょうどいい美味しさになり、ドローも好みの重さになりました。

Exif_JPEG_PICTURE

ビューティーリングを装着したのがコチラです。これまで直径22mm/24mmのアトマイザーばかり使って来ましたが、美味しいリキッド・重いドローを求めている方はこういったアトマイザーも候補に入れてみてはいかがでしょうか?デッキ内が狭いため22mm/24mmのアトマイザーよりは熱くなりやすいですが、味は一級品だと思います。また、現在は後発のSpeed Revolutionもあり、こちらも試してみたい逸品です。

Luca Creations – http://lucacreations.it/#

現在本家サイトではSpeed Upのページは存在しないようです。筆者は、なんとなくVape Villageのサイトを見ていて購入してしまいました。。。

Vape Village – https://vape-village.com

Speed Up – https://vape-village.com/?pid=99177292

 

私事ですが、無事に就職が決まりましたので更新のペースが遅くなると思いますが、これからも地道に続けていこうと思いますので宜しくお願いします。

それではまた次回。

AttySmith (Hellfire) Venom X レビュー

ようやくブログを書く時間が出来ました!中古ですが、AttySmith (Hellfire) Venom Xを手に入れましたのでご紹介します!!!

Exif_JPEG_PICTURE

AttySmith (Hellfire) Venom X (Stripped):

  • 高さ79mm/横幅49mm/奥行25mm〜28mm
  • アトマイザー部分の溝22mm
  • Delrin、Stainless Steelボディー
  • 20700/21700バッテリー

中古での購入のためFire ButtonがDelrinボタンになっていますが、元々はUltemボタンです(Facebookで売ってくれた人がUltemボタンは無くしてしまったそうです)。

分解するとこんな感じになっています。

Exif_JPEG_PICTURE

本当は下の写真の部分の分解できるようですが、どうやって分解するのかが判らないのでここまでバラしてクリーニングしています。

Exif_JPEG_PICTURE

上の写真の奥にバッテリーを入れるチューブを取り付け、Delrinボディに装着します。その際にボタンは事前にDelrinボディに乗せておきます(これだけボタンが小さいので無くしてしまうのも分かりますね)。ボトルは下の写真のように組立ててDelrinキャリアに収納します。その後、下部のStainless Steelパーツ(馬の蹄鉄のような形のパーツ)を二本の長いネジで締めます。最後にバッテリーを+を上にして装填し、キャップ?スクリュー?パーツを回し入れて完成です。

Delrinのボトルキャリアはマガジンのように本体にセットするんですが、PGなど塗っておくと「カチッ」という音がしてスムーズに取り付けられます。この部分がしっかり装着されていないとボトルを押しても上までリキッドが上がって来ず、初めて分解した時は一番手こずりました。。。

同じAttySmith (Hellfire)のStrikeを乗せるとこんな感じになります。試してはいませんが、510コネクタ部分の溝が22mmのため、22mmより直径の小さいアトマイザーしか乗らないと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

このStrikeを使ってVenom Xと所有しているVapeAMP Squonk Boxとでボルテージドロップを比べると、Venom Xの方がドロップ率が大きいです(コンタクトがStainless Steelと銅なので)が、他のAttySmith (Hellfire)製品と同じく、非常に精巧に作られています。StrikeとVenom Xの見た目の相性はとても良いと思います。

売ってくれた人がUltemボタンを無くしてしまいましたが、直接AttySmith (Hellfire)に連絡するとUltemボタンを売ってくれます。また、ボトルキャリアにはStainless Steel製のものもあり、筆者は早速どちらも購入しました。

AttySmith (Hellfire Mods) – http://www.hellfiremods.co.uk

残念ながらこのVenom Xは既に売切れとなっており、新品を購入する事は出来ません。手に入れたい方は、AttySmith (Hellfire Mods)の公式の販売・トレード・購入ページがFacebookにあるので、そのグループに入って売ってくれる人を探すのが一番確実だと思います。

The Official Attysmith (Hellfire Mods) Sales/trades/WTT/WTB – https://www.facebook.com/groups/726838860748444/

このVenom Xは今後手放す事はないと思います。売ってくれた方に本当に感謝です。

 

それではまた次回。

 

 

Hussar Vapes Hussar RDA 1.0 レビュー

今回はHussar Vapesからの初RDA、Hussar RDA 1.0のご紹介です。

Exif_JPEG_PICTURE

Hussar Vapes Hussar RDA 1.0:

  • 直径22mm/高さ
  • Stainless Steel製
  • デュアルエアフロー
  • BFピン
  • スペア(Oリング、デッキスクリューx2)

パッケージ内にはいつもの様に木製の入れ物に入ってきます。何気にHussar Vapesのアトマイザーのプレゼンテーションはオシャレでいいですね。またTop Capのデザインもとてもカッコ良いと思います。

シングルコイル専用のデッキです。下のアトマイザーの写真の上の方に小さな六角ネジがあるのは分かりますでしょうか?

Exif_JPEG_PICTURE

トップキャップに溝があり、ここに小さな六角ネジが引っかかってエアフローの範囲で止まる様になってるみたいです(下記参照)。

Exif_JPEG_PICTURE

が。。。一度この六角ネジを落としてしまい、取り敢えず無くさないように止めておこうと奥まで手で回し入れておいた所、ネジ穴が小さすぎて手持ちの六角レンチではどうにもならなくなってしまいましたので暫くそのままにしておく事にます。。。

デッキ下部に四角形の穴がありますが、ここからリキッドが両サイドのジュースウェルへ供給されます。またコイル設置の際、コイルジグを置きやすい様に半円にカットされています。

Exif_JPEG_PICTURE

デッキ裏にはロゴがあり、デッキ側面にはシリアル番号が書かれています。Hussar RDA 1.0はRDAとは書かれているものの通常の510ピンが同封されておらず、ボトムフィーダーとしか使用することが出来ません。

Exif_JPEG_PICTURE

それではコイル設置・ウィッキングを行なっていきます。Ni80 27GAのスペースドコイルで1.39Ωと少し高めになりましたが、そのまま進めます。ウィッキングまで終わった写真がこちらです。

Exif_JPEG_PICTURE

最初は上の写真の通りコイルをギリギリまで下げて設置していましたが、この状態だとドローの際ノイズがうるさく高めにコイルを設置し直しました。

Exif_JPEG_PICTURE

最後にDarumaのDrip Tipを取り付けて完了です。最近VapeAMPのSquonk Boxばかりですが、次回はあの探し求めていたSquonkerをご紹介する予定です。

リキッドのフレーバーの濃さはこれまで紹介してきたRDA同様に文句なしです。が、ドローに関してはエアフロー全開でも全閉でも軽めな印象です(形状の違うDrip Tipも他に2つ試しましたがどれも軽く、次回はクラプトンコイルを設置して試そうと思います)。全開〜全閉でRDL〜MTLまで対応しており、個人的には全開時が煙的には一番良いかなという感じですが、筆者の様にAttySmith StrikeVaponaute Le Supersonicの重めでスムーズなドローが好みの方には向いていないかもしれません(それにしてもほんとLe Concordeは見つかりませんね…)。気に入ったのはトップキャップのデザインとノイズの無いドローくらいかな〜という所です。

[2018.03.09追記]

クラプトンコイルを設置してみました。するとデッキ内の密度が上がったからか、ドローがかなり重くなり、抵抗値の低いクラプトンコイル(0.22Ω)のおかげで濃い煙になり本当に満足できるRDAに変身しました。

Exif_JPEG_PICTURE

0.2Ωだとバッテリーの減りが激しいので、次は0.5Ωくらいのクラプトンコイルで行こうかな〜と思っています。また、二種類のコイルを設置してみて判ったのは、どれだけ連続で吸ってもこの変わった形状のおかげか、ほとんどトップキャップが熱くならない!という事です。

Hassur Vapes – https://www.facebook.com/HussarVapes/

Hussar RDA 1.0はPhileas Cloudというサイトにて購入しました。レビュー時点でもまだ在庫があり、今後ご紹介する予定のHadeon Kitと一緒に購入しました(Entheonを所有しいない方は是非!所有している筆者も勢いで購入しました)。

Phileas Cloud – https://www.phileas-cloud.com

Hussar RDA 1.0 – https://www.phileas-cloud.com/hussar-rda-1-0-by-hussar-vapes.html

 

それではまた次回。

SmokerStore Taifun GT III レビュー

購入してから暫く経ちますが、ようやく順番が回ってきたSmokerStore Taifun GT IIIのご紹介です。

Exif_JPEG_PICTURE

①SmokerStore Taifun GT III:

  • 直径23mm/高さ52.5mm (Drip Tip込み/66.5mm)
  • Stainless Steel 316
  • ガラスタンク (5ml)
  • 専用Drip Tip (ジュースコントロール)
  • デュアルエアフロー
  • トップフィル
  • スペアOリング

アトマイザーのパッケージからカッコいいです。中にはマニュアル、ビジネスカード、スペアのOリングが同封されています。

Exif_JPEG_PICTURE

アトマイザーをバラして見るとこんな感じです。各パーツはとても精巧に作られており、傷やバリなど一切ありません。

Exif_JPEG_PICTURE

個人的に、510ピン周りがビニール製?のチューブの様なもので覆われているのは初めてみました。

Exif_JPEG_PICTURE

エアフローは片方が2mm程度の穴が5つ、片方には2mmx5と1mm程度の穴がもう一つ空いています(写真左)。1mmの穴だけ見える様に調整すると反対側のエアフローが全て閉じ、かなりタイトなシングルエアフローとしても運用できます。

コイルは直接デッキスクリューに巻きつけて設置するタイプで、ウィッキングは溝に敷き詰めてあげればいいので簡単です。ちなみにデッキの中央には4mmのエアホールが空いています。

Exif_JPEG_PICTURE

チムニー部とDrip Tipに凹凸があるのがわかると思いますが、こちらを噛み合わせてジュースコントロールを回す、という仕組みになっています。これは面白いな〜と個人的に感じました。

前置きが長くなりましたが、早速コイル・ウィッキングしていきたいと思います。筆者はタイトなドローが好みでデッキ中央の4mmエアホールは大きいと感じましたので、別売りのレデューサー(4mm→2mm)を設置してから組んでいきます。

Exif_JPEG_PICTURE

コイルはNiFe30を使用し直径3mmのマイクロコイルで1.19Ωで、コットンを敷き詰めリキッドでコットンを湿らせます(コットンを敷き詰めた状態の写真も撮ったんですが、後から見たらピンボケしてたのでコイル設置時の写真だけ載せておきます…)。

Exif_JPEG_PICTURE

その後、まずはチムニー部をデッキに乗せてから(写真右)タンクを回しながらはめ込み、最後にトップキャップを装着しDrip Tipを凹凸に合わせて完了です。

Exif_JPEG_PICTURE

アトマイザーの背が高いですね。。。でも個人的には全然こんな見た目もありです。専用のDrip Tipが嫌だ!という方は、オプションで購入できる通常の510 Drip Tipを装着できるアダプターが販売されています(が、実際手持ちのDrip Tipでジュースコントロールが回ってくれるものもあります)。アダプターを装着した際は、このパーツ自体を回してジュースコントロールを操作する、と行った感じなります。

そもそもこんなに背の高いアトマイザーは嫌だ!という方には、Steam Tunersというギリシャのメーカーから”Taifun GT3 Nano Kit”というオプションパーツが販売されています。

 

Exif_JPEG_PICTURE

②Steam Tuners Taifun GT3 Nano Kit:

  • チェンバー・トップキャップ素材 – Stainless Steel 304
  • タンク素材 – フードグレードPlexi
  • リキッド容量3.8ml
  • トップフィル
  • Drip Tip x2、Oリング

パッケージの中はNano Kit、Drip Tip x2、Oリングとステッカーなどが同封されています。

Exif_JPEG_PICTURE

Nano Kitは最初からどのDrip Tipでもジュースコントロールが回せる様になっています。Taifun GT IIIと比べてチムニー部がかなり広めになっています(右がTaifun GT III、左がNano Kit)。

Nano KitをTaifun GT IIIのデッキに装着するとだいぶ高さが抑えられます。

Exif_JPEG_PICTURE

Taifun GT IIIとNano Kitを同じリキッド・エアフローで吸い比べて見ると、Taifun GT IIIは煙がよりシルキーで、Nano Kitはリキッドの味がより鮮明になるかな、というのが個人的な感想です。

物凄く長い記事になってしまいましたが、Taifun GT IIIはDLからMTLまで幅広く対応しており、Steam Tuners Nano Kitといった他社のオプションパーツもあることから、色々な楽しみ方ができるアトマイザーだなと感じました。またレデューサーを装着したTaifun GT IIIのドロー・煙の質はどストライクで、Kayfun PrimeとTaifun GT IIIどっちが個人的に一番のRTAかと聞かれると困ってしまう程お気に入りになりました。

SmokerStore – https://shop.smokerstore.de

Taifun GT III – https://shop.smokerstore.de/vaporizer/taifun/798/taifun-gt-iii

Taifun GT IIIは以前Hussar Torpedo Micro RTAと一緒にin Tasteにて購入しました。また、レデューサー、510アダプター、スペアのガラスタンクもまとめてこのサイトで購入してます。届いたパッケージもしっかりしていて、次回別のアトマイザーを購入する時も安心して選択出来るサイトかな、と思います。

in Taste – https://www.intaste.de/en/

Taifun GT III – https://www.intaste.de/en/smokerstore-taifun-gt-iii-rta.html

Steam Tuners Taifun GT3 Nano Kitは直接Steam Tunersのサイトより購入しました。Steam Tunersは色々なハイエンドアトマイザー用のKitなどを販売しており、特にKayfun 5のNano Kitはカッコ良く欲しいな〜と思っています(筆者はKayfun 5自体を所有してはいませんが)。

ただ一点、EU圏以外の個人が購入する際は、VATがかからないのが普通ですが、EU圏内で無くてもVAT込みの価格になります。サポートに問合せてみると、ギリシャの税務局が現在とても厳しいらしく、EU圏外への販売でもSteam Tuners側が税金を納めないといけない状態になっている様なので仕方ないかな、と思います。。。

Steam Tuners – https://steamtuners.com/?lang=en

Taifun GT3 Nano Kit – https://steamtuners.com/shop/taifun-gt3-nano-kit/?lang=en

 

それではまた次回。