Revenant Cartel 160 Mod レビュー

今回はRevenant Vapeから昨年発売されたCartel 160 Modの紹介です。こちらはRevenant VapeとCartelとがコラボレーションしたデュアル18650バッテリーModで、OMNIボードを搭載しています。

Exif_JPEG_PICTURE

Revenant Cartel 160 Mod

  • サイズ: 95×51.2×26.2mm
  • モード: VW、CCW、TC (Ni200/SS316/Ti/TCR)、CCT、Bypass、Smart
  • ONMIボード
  • Wattage:5w – 160w
  • 抵抗値:0.05Ω – 5Ω
  • 温度管理:100℃ – 315℃/200°F – 600°F
  • Voltage:0V – 8.5V
  • バッテリーセル:リチウム18650 x2 (別途必要)
  • OLEDディスプレイ
  • USBケーブル付属:ファームウェアアップグレード可

ファーストバッチのシルバーフレームバージョンにはビューティーリングのようなものが付属されていましたが、筆者が購入したブラックバージョンには付属されていませんでした。またModのResinカラーは基本的にランダムです。注文して届くまではドキドキしていましたが、なかなか良い色が手に入ったと思ってます。裏側はこんな感じのカラーになっています。

Exif_JPEG_PICTURE

各ボタンの機能から説明していきます。

Exif_JPEG_PICTURE

Power Button:通常の5クリックON/OFFです。

OLED Display:表示される詳細は後ほど説明します。20秒間操作されなかった際は自動的にディスプレイが消えます。

自動アトマイザー認識:アトマイザーとの接続が認識されるとすぐコイル抵抗値を読み込みます。またワイヤーの種類も認識し、Kanthalの場合は最後に温度管理モードを使用していたとしても自動的にWattageモードへ切替わります。

調整(+/-)ボタンロック/アンロック:電源ONの状態で”Mode Button”と”+”ボタンを同時に2秒間押すと”SYSTEM LOCKED”と表示され”+/-“ボタンがロックされます。

ディスプレイスイッチ:”+/-“ボタンを同時に2秒間押すとスクリーンが180度回転します。

モード変更:”Mode Button”を長押しすることで、VW→TC (Ni200)→TC (SS316)→TC (Ti)→M1 (TCR)→M2 (TCR)→Bypassの順にモードが切替ります。

ファームウェアアップグレード:”Mode Button”下のMicro USBをWindowsに接続することでRevenant Vapeサイトからダウンロードしたソフトウェアを使用にカスタマイズ・ファームウェアアップグレードが可能です。※Micro USBからバッテリー充電も行えますが専用のバッテリー充電器を使用することをお勧めします。

 

1. VW (Valuable Wattage)/CCW (Custom Curve Wattage)モード

Exif_JPEG_PICTURE

VWモード:通常のWattageモードです。ワット数は0.1w単位で調整でき”+”または”-“を長押しする事で調整スピードが早くなります。また”W”の右下にあるSマークは”Smart Mode”の表示で、アトマイザーが接続された際に自動的に抵抗値を検知しチップが適切だと思うWattageに設定してくれますが当然自身で変更可能です。”Smart Mode”が各抵抗値に対し、自身で設定したWattage数をセーブしてくれます。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

CCWモード:VWモードの際に”Mode Button”を3回クリックすると↑の様に”VW/CCW”と表示されます。この時”Mode Button”を1回クリックし”CCW”を選択して再度”Mode Button”を長押しすると、その下のグラフの様なものが表示され自身でWattageのカーブを調整できます。Wattage数は0.5秒毎に調整でき、”+/-“ボタンで値を上下させます。0.5秒時の設定が終わったら”Mode Button”を一度クリックすると1.0秒時に設定に移る、といった感じで全ての設定が終わったら”Mode Button”を長押しする事で設定完了です。

 

2. VT (Valuable Temperature)/CCT (Custom Curve Temperature)モード

Exif_JPEG_PICTURE

VTモード (TC-Ni/TC-SS/TC-Ti/M1/M2):温度管理モードです。℃の場合は5℃単位で100℃〜315℃、°Fの場合は10°F単位で200°F〜600°Fの間で調整が可能です。TC-Niは”Nickel 200″、TC-SSは”Stainless Steel 316″、TC-Tiは”Titanium”のワイヤーに対応しています。また、M1/M2はTCR (Temperature Coefficient of Resistance)モードなので、上記以外のワイヤーを使用する場合は、M1/M2を選択して”Mode Button”を3回クリックするとTCR値を”+/-“ボタンで設定出来ます。

Exif_JPEG_PICTURE

TCR値の入力が終わったら”Mode Button”を長押して設定完了です。TCR値に関しては以前ご紹介した Steam Engineを利用していただければと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

CCTモード (TC-Ni/TC-SS/TC-Ti):VTモード時に”Mode Button”を3回クリックすると”VT/CCT”と表示されるので、”Mode Button”を1回クリックし”CCT”を選択し再度”Mode Button”を長押ししてCCWモードと同様に0.5秒毎の温度設定が行えます(設定温度の単位はVTモードと同様です)。※M1/M2ではCCTモードは仕様できませんのでご注意を。

 

3. BYPASSモード

Mech Modと同様です。※初心者の方がこちらのモードを使用するのはお勧めしません!必ずオームの法則・使用するバッテリーセルの仕様を十分に理解し自己責任にて使用してください!!!

 

4. 保護機能

  • 低電圧保護
  • 短絡保護
  • 低抵抗保護
  • デバイスの過熱保護
  • 過電流保護
  • 不可保護

 

長くなりましたが以上がRevenant Cartel 160 Modの詳細になります。個人的にはデザイン・機能共に気に入っておりオススメのModです。ただ一点、これはDNAデバイスにも言える事ですが、ファームウェアアップデートやカスタマイズなどWindowsでしか使用することが出来ず、Macユーザーの筆者としては非常に不便です。Revenant Vapeには早くソフトウェアをMacにも対応させてもらいたいところですね…

Revenant Vape – https://www.revenantvape.com

Cartel 160 Mod – https://www.revenantvape.com/products/mods/cartel-160-mod/

筆者はMy Freedom SmokesというUSサイトにて購入しました。こちらのサイト(というかVapeギアを取扱っているUSサイトのいくつか)は、購入者が成人であるかどうかの確認のため身分証明書の提出を求められます。その為Passportなど英語表記にて年齢を証明するものが必要となりますのでご注意ください。他サイトではModのカラーを選択出来るところもありますので色々なサイトを見て検討して頂ければと思います。

My Freedom Smokes – https://www.myfreedomsmokes.com

Cartel 160 Mod – https://www.myfreedomsmokes.com/batteries-mods-vape-mods/box-mods/200-watt/cartel-revenant-160w-box-mod.html

 

それではまた次回。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s